行動科学による物事を続けるための考え方

こんにちは! せがひろです。

今回は、

「どうやったら、1つのことが続けられるか?」

ということについて話したいと思います。

ダイエットしよう、

資格を取ろう、

副業してみよう、

独立起業しようなどなど、

意気込んでみるものの

続けられず、

途中で辞めちゃう人っで

多いと思います。

仕事上の付き合いだったり、

友達に誘われたり、

単純にやる気が出なかったり、

面倒になったり・・・。

色んな事情があると思います。

どうやったら

続けられるのでしょうか?

最初に結論からいいますと、

やりたいことはやり易くして、

やめたいことはやり難くする。

一般的には、

「自分は意志が弱いから続かないんだ」

そういうことで

片付けてしまいがちです。

行動科学分野では

違う見方をしています。

物事が続けられないたった2つの理由

ずばり物事の続かない理由は、

たった2つです。

1つ目は、やり方が分からないです。

これについては、

ダイエットでも、

英語でも、資格でも、

ハウツー本、情報商材は

溢れかえっていますよね。

あるいは塾とか、

セミナーなんかもあります。

お金さえ払えば、

この問題はクリアできます。

あと、副業や起業でも、

色んな情報が溢れていますから、

クリアと言いたいところですが、

嘘の情報もあるので、

見極める必要があります。

とりあえずやってみて

判断するとかですね。

2つ目は、継続の仕方が分からないです。

これはですね、知らなくて当然なので、

悲観的になることはありません。

なぜかというと、

学生時代の勉強を

イメージしてみて欲しいのですが、

先生も、親も、

「勉強しなさい!」

「もっと、頑張ろうね!」

というだけ、

どうやったら継続的に

勉強できるかは、

教えてくれません。

先生や親すら分からなかった

可能性もあります。

じゃあ、どうするべきか?

行動ハードルの上げ下げ方法

行動科学では、

やりたい行動のことを

ターゲット行動といって、

それに対して、

やりたくない行動のことを

過剰行動っていいます。

言葉の定義は

覚えなくていいんですけど、

例えば、ついついテレビを

観てしまうのは何故かというと、

簡単なことで、

家にテレビがあるからなんですね。

単純に部屋のテレビを無くして、

リビングとかじゃないと

観れないようにするとか、

外に行かないと見れないように

行動のハードルを上げればいいんです。

そうすればテレビを観ようと思ったら、

今やっていることを中断して、

リビングに行くか、

外に行く必要があるわけです。

リビングに行っても、

家族の誰かが観ていたら、

チャンネル争いに勝つ

必要があるわけですから、

非常にテレビを観るという

ハードルが上がるわけです。

それに対して、

やるべき行動については、

ハードルを低くすると

やり易くなるわけです。

逆に、ターゲット行動に対しては、

やり易くしてあげます。

例えば、パソコンで作業を

する必要がある場合、

いつでも作業できるように

電源を入れたままに

しておけばいいんですね。

作業の度に電源ONに

していたのでは、

めんどくさくて徐々に

嫌になってしまいます。

それがパソコンの

電源さえ入れておいて、

いつでも作業できる

ようにしておけば、

行動のハードルが

下がるわけです。

あるいは行動を細分化して、

まず、椅子に座ろう。

アプリを起動しよう。

一文字でも入力しよう。

といった感じです。

他にも下げたい過剰行動って

あると思うんですけど、

例えば、ネットサーフィンや、

YouTubeをついつい観ちゃうとか・・・。

そういったものも、

パスワード保護を掛けて、

観るハードルを上げるとか、

いっそうのこと、

ブラウザを削除するとかですね。

そういった風に、

やるべきことはやり易く、

やるべきじゃないことはやり難く

それを心掛けてみてください。

一つ大事なこととして、

「モチベーションが上がらないから行動できない!」

そう考えている人がいると思います。

ですが、そうじゃないんですね。

行動するから、

モチベーションが上がるんです。

どんなにやり易くしても、

やはり初動は、

自分で動くしかないことを

覚えておいて欲しいと思います。

この内容が、

参考になれば嬉しいです。

動画紹介

今回の内容について、

要点だけを短くまとめた動画を配信しています。

動画の方が理解しやすい人は、

視聴してみてください。

https://youtu.be/2_LUL-XD44M

以下のブログも参考になります。

中島みゆきさんの「ファイト」という曲について解説してみました。私もブログを書く時にどうやったら読み手に伝わるかを考えていますが、ミュージシャンの言霊の凄さには、いつも驚かされます。あの短い歌詞の中からいろんなものが見えてきます。とても力を貰える曲なので、興味がわいた方は、是非聴いてみてください。

自由で豊かに生きる方法を学んでみよう!


私は、脱サラしてネットビジネスで自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られずに自由に生きています。


単身赴任も、満員電車も、嫌な上司も無縁で、
田舎で家族や友達との時間を大切にして、
毎日自分のやりたいようにストレスフリーで生活しています。


とはいえ、私に最初からネットビジネスの知識が
あったわけでも、ビジネスの才能・センスがあったわけでも、
裕福な家庭で育ったわけでもありません。


もともと人間嫌いで、一人で行動するのが好きで、
人付き合いが苦手で、常に自分が好む人とだけ接していたい、
会社でも「働かないおじさん」というダメダメ人間でした。


毎日、スーパーのチラシをみて、
”食べたいものより、安いもの”を探し、
少ない給料をやりくりしながら生活する
貧乏時代もありました。



ネットビジネス知識も人脈も資金もゼロでしたが、
自由を夢見て思い切って飛び込んでみて、
短期間で人生が180度変わったのです。



私と同じ起業家仲間も、非正規労働者、高卒フリーター、リストラ組、
いじめ、対人恐怖症、うつ病などマイナスからスタートして、
半年、1年ぐらいで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでも、
諦めなければ誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本は納税のため、生活のため、
イヤイヤ働かざるを得ない人が大勢います。


(先進国で「勤労の義務」があるのは日本だけとか)


マイホームを持つと「単身赴任」は、
サラリーマンでは良く聞く話です。


(結婚したり、ローンを抱えてたら、
 簡単に会社をやめないだろうっていう・・・
 人の弱みに付け込んだ人事)


ある意味、家族まで犠牲になるわけです。


私は、そんな労働に支配された人生なんて、
奴隷みたいで絶対嫌だ!と思っています。


どうせ一度きりの人生!



我慢・我慢で一生を終えるより、
自由に好きなように生きるべきです。


とはいえ、何をどうしたら良いのか?
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、私がどのように脱サラから
ネットビジネスで成功したのかを
まとめた電子書籍を作成しました。



すでに読んで頂いた方からは、
「力強く熱意のこもった文章に感動しました」
「成功するための道がみえました」
「お金と時間の知識を知り、不安の根源がわかりました」
など、嬉しい感想をたくさん頂いております。



電子書籍出版のお声がけも頂いておりますが
多くの人に読んで頂きたいので、


期間限定で無料公開しています。



無料ですから、興味があれば覗いてみてください。
「パソコン一台で新しい田舎暮らし」を無料で読んでみる




私の経歴は、こちらの記事で詳しく書いています。
自由を手に入れるまでの軌跡と思い




最後まで読んで頂き、ありがとうございました。