起業初心者に伝えたい!営業のたった3つのコツでビジネススキルを学ぼう

こんにちは! せがひろです。

商品やサービスを売るには、

営業(セールス)が欠かせません。

しかしながら、

実際には営業(セールス)を

しましょうというと、

苦手な人が多いように思います。

私も、実業の営業でしたら、

やりたくありません。

っていうか、苦手ですし、

ストレスが溜まりそうで・・・

しかし、ネットでは

直接会うこともないですし、

メールやSNSの

やり取りで済みます。

なので、

営業という行動のハードルが、

グッと下がります。

そこで今回は、

そんな私が大切にしている

「営業(セールス)における3つのコツ」を

お伝えしたいと思います。

営業(セールス)には、

色んな方法がありますが、

その中でも、

これからお話する3つのコツを。

まずは覚えて下さいね。

このたった3つのことを

覚えるだけで、

営業(セールス)の

成果がグンと上がり、

同時にストレスが

激減することをお約束します。

では早速、説明していきましょう。

その1:説得ではなく必要としている人をリサーチ

営業(セールス)とは、

トークのすごく上手な人が、

相手の心を揺り動かして

商品を売る・・・。

などというイメージを

かなり多くの人が持っています。

実際に、私が出会った人の中でも、

そういった凄い人はいました。

では、

「その人のマネをすればいいか?」

というと、

そうでもありません。

なぜなら、それは

一朝一夕でできるような

ものではなく、

職人芸の域の話だからです。

実際にこういった営業に

長けている人というのは、

様々な心理的スキルを使って

会話を展開しています。

そして、本人が天才なので、

自分がどのように

セールストークを

展開しているのかすら、

良く分かって

いなかったりします。

でも、なぜかうまく

出来てしまうのか?

このように考えて

しまうわけですから、

我々には、

とてもマネなど

出来ないわけです。

マネをしようとすれば、

相当厳しい苦労を

することになるでしょう。

では、どうすれば良いか?

方法論は、ただ1つです。

それは営業相手を変える

ということです。

つまり、1人のお客さんを

無理に説得するのは諦めて、

自分の商品やサービスを

求めてくれる、

別の人がいないかを

探しましょう!

そのためには次の

2つのステップがあります。

ステップ1:営業前にマーケティング(リサーチ)をする。

ステップ2:アプローチ後でも、脈がなければ、さっさと切り上げる。

ステップ1:営業前にマーケティング(リサーチ)をする

まず、自分の商品やサービスに、

興味を持ってくれそうな人を

まず集めます。

次に、そこに対して

営業(セールス)をかける

方法が取れないか?

それを考えます。

ネットビジネスで考えた場合、

LP(ランディングページ)と言って、

こういった取り組みを

行っているのですが、

「興味はありませんか?」

ということを

発信していきます。

更に、

「こういう悩みはありませんか?」

「こういうことに興味はありませんか?」

という事をどんどん

発信していくというやり方です。

このようにすると集客の確率自体は

下がってしまいます。

しかし、無料メルマガに登録して

貰った後の決定率は非常に高いです。

なぜなら、

すでに興味や関心の

高い人のところに

提案するわけですから、

当然のように決定率は

上がるというわけです。

また、こうすることで

更に嬉しいメリットもあります。

それは時間や作業に

ゆとりが生まれて、

もっと営業活動や、

他の作業にも、

時間を割くことが

できるという点です。

(もしくは、自由な時間が増えるということです。)

なぜ、そんな事に

繋がるのかというと、

ネットでLPを利用して

宣伝するということは、

実はムダな行動や

時間の掛かることを

削ぎ落とす。

振るい掛けの作業

でもあるからです。

もし、実業で客先に

行くには、

準備や移動に

時間や手間が掛かります。

しかし、初期段階で

興味がある人だけが

残るようにすれば、

失敗の確率の高い客先に

アプローチしなくて済みます。

つまり、博打になりがちな、

確度の低いお客さんに

アプローチする回数が減るので、

その分、準備や移動時間などの

ムダが減るというわけです。

そして、増えた時間は、

別の営業や、

別の優先度の高いやるべき作業に、

有効活用ができるようになります。

実際、私以外にも、

こうした考え方で

成功している方は沢山います。

なので、

興味がある人にだけ、

営業を掛ける!

そこにフォーカス

してみてください。

ステップ2:アプローチ後でも脈がなければ、さっさと切上げる

お客さんが

無料メルマガ登録後、

自分の商品やサービスに

興味が無さそうであれば、

早々に切り上げましょう!

実はこれも非常に重要です。

つまり、相手の気持ちを

無理に変えさせようと

するのではなくて、

関心や興味がないという

ことが分かったら、

さっさと諦めて、

またすぐに違う相手を

探しましょうということです。

これはある意味、

恋愛に似ています。

片思いの人をずっと

思い続けるのか、

新しい相手を探すのか?

仕事に例えるのは、

あまり良くないかもしれませんが、

時間というのは

止まってくれません。

感情のまま行動するのではなく、

何がベストなのか?

それを考えて行動する

必要があるということです。

すなわち、

有効営業数を増やしていく

という行動なのです。

無理に成功するかどうかも

わからない営業をして、

時間を無駄に

するくらいなら、

次のチャンスに

さっさと向かった方が、

時間もストレスも減り、

効率的だということです。

こうすることで、

有効営業に使うための時間が、

もっと作れるようになります。

また、ストレスがなくなれば

モチベーションも下がらないので、

成果も上がるというわけです。

その2:聞く事を8割にする

先ほど優秀な営業の

話をしました。

優秀な営業の方というと、

どんどんセールストークをして、

相手の気持ちを

変えていくようなイメージを

連想してしまいます。

しかし、実はそうではなく、

優秀な営業というのは、

意外と聞くことが得意です。

これについては、

マネることができます。

その聞く内容とは、

・相手の悩んでいること

・抱えている問題

についてです。

また、その抱えている問題が、

更に何か別の大きな問題を

引き起こすのではないか?

ということを、

相手に自ら言わせるように

心掛けるのです。

しかし、ネットビジネスの

場合でしたら、

一方通行になる部分も

多いので、

事前のリサーチが重要で、

「こんなことで困っていませんか?」の

「こんなこと」について、

リサーチを掛けて、

「そうそう」と、

お客さんに如何に思って貰えるか?

そういった取り組みになります。

それに対して、

こちらも答えを想定しておき、

「こんなことで困っているのでしたら、

○○することで解決します。」

「こういった、悩みでしたら、

××するといいですよ。」

という風に考えて

質問を展開していく。

これが重要です。

なぜならば人というのは、

相手の言葉ではなくて、

自分の言葉に

最も説得されるからです。

こちらが言葉を尽くして

相手を説得するよりも、

相手に言わせるという

ことができないか?

そう考えてみましょう。

それがネットの場合でしたら、

リサーチをして、

納得・共感できる回答を

考えておきましょう!

そういうことです。

ちなみに実業の営業でしたら、

想定する答えは考えつつも、

しっかりと質問で、

その答えを引き出していく

そのことも考えてみて下さい。

その3:申込みに期限を設ける

「この商品(サービス)を契約するには、

○月○日までにお願いいたします。」

というように、

しっかり期限を設けましょう。

逆に、もし期限を設けないと

どうなるかというと、

「今、検討中です。」

「まだ検討中です。」

「検討中です。」

などと言われて、

ずっと伸び伸びに

なっていきます。

そしてずっと伸び伸びに

なっている状況というのは、

タチが悪いことに、

大抵の場合、

検討されていないのです。

先延ばしに

されているだけで、

結局は成約できないという

結果に至ります。

申込み期限は

しっかりと設け、

それまでに返事をして

貰うように

するべきなのです。

そうしないと、

いつまでも返事を

ズルズルと伸ばされ、

「いったいいつまで

フォローすればいいの!?」

そういった風に

大きなストレスになります。

フォローにもムダな時間が

たくさん掛かります。

そしてこれが

1人2人ならまだしも、

10人、20人と

溜まっていくと、

1つ1つを管理するのも

かなり大変です。

こういった限定性を持たせた

やり方というのは、

世間でも良く見かけます。

スーパーの

タイムセールですとか、

テレビショッピングの

「いつまでに注文頂けたら・・・」

といったようなものです。

(時間だけじゃなく数量限定

といった方法もありますね。)

ただし、例外もあります。

検討期間中に

「○月○日迄、時間を頂けませんか?」

と言われたら、

これはもちろん

聞いてあげましょう。

こういった場合は、

単純にある程度の期限を

延ばせば良いだけです。

ここで覚えておいて

頂きたいのは、

伸び伸びにならないように、

とにかく何かしら

制限を設けるということです。

制限を設けておけば、

たとえダメだったとしても、

「単にこの人は、ダメだった。

また次を頑張ろう!」

そうやってスッキリと

次に進むことが

できるというものです。

営業(セールス)の3つのコツまとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

最後にまとめます。

セールスのやり方や

方法論というのは、

たくさんあります。

色々なメソッドなどが、

本やセミナーなどで

たくさん紹介されています。

しかし、まずは

この3つのポイントを押さえて、

セールスをしてみてください。

たったこれだけの考え方と

コツなのですが、

これを押さえて

頂くだけでも、

営業のストレスが

激減して、

成約率も飛躍的に

伸びていきます。

どれも簡単にできること

ばかりだと思います。

ぜひ、この営業の3つのコツを

早速試してみてください!

きっと素晴らしい成果を

あなたも実感して

頂けるはずです。

この内容が参考になれば嬉しいです。

動画紹介

今回の内容について、

参考になる動画を紹介します。

ぜひ、視聴してみてください。

聴き流すだけでも

学びになります。

以下の動画も参考になります。

https://youtu.be/Dn0ju8aB47Q

以下のブログも参考になります。

今回は、「嫌なことから全部抜け出せる凡人くんの人生革命」を取り上げたいと思います。みなさんは、ヒトデせいやさんをご存じですか?超有名ブロガーです。そんなブロガーの星!ヒトデさんが書いた著書で、凡人でも稼いで自由を手に入れ成功者になれる体験談をまとめた、とても読みやすい一冊でした。私なりの感想を交えて話したいと思います。

自由で豊かに生きる方法を学んでみよう!


私は、脱サラしてネットビジネスで自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られずに自由に生きています。


単身赴任も、満員電車も、嫌な上司も無縁で、
田舎で家族や友達との時間を大切にして、
毎日自分のやりたいようにストレスフリーで生活しています。


とはいえ、私に最初からネットビジネスの知識が
あったわけでも、ビジネスの才能・センスがあったわけでも、
裕福な家庭で育ったわけでもありません。


もともと人間嫌いで、一人で行動するのが好きで、
人付き合いが苦手で、常に自分が好む人とだけ接していたい、
会社でも「働かないおじさん」というダメダメ人間でした。


毎日、スーパーのチラシをみて、
”食べたいものより、安いもの”を探し、
少ない給料をやりくりしながら生活する
貧乏時代もありました。



ネットビジネス知識も人脈も資金もゼロでしたが、
自由を夢見て思い切って飛び込んでみて、
短期間で人生が180度変わったのです。



私と同じ起業家仲間も、非正規労働者、高卒フリーター、リストラ組、
いじめ、対人恐怖症、うつ病などマイナスからスタートして、
半年、1年ぐらいで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでも、
諦めなければ誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本は納税のため、生活のため、
イヤイヤ働かざるを得ない人が大勢います。


(先進国で「勤労の義務」があるのは日本だけとか)


マイホームを持つと「単身赴任」は、
サラリーマンでは良く聞く話です。


(結婚したり、ローンを抱えてたら、
 簡単に会社をやめないだろうっていう・・・
 人の弱みに付け込んだ人事)


ある意味、家族まで犠牲になるわけです。


私は、そんな労働に支配された人生なんて、
奴隷みたいで絶対嫌だ!と思っています。


どうせ一度きりの人生!



我慢・我慢で一生を終えるより、
自由に好きなように生きるべきです。


とはいえ、何をどうしたら良いのか?
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、私がどのように脱サラから
ネットビジネスで成功したのかを
まとめた電子書籍を作成しました。



すでに読んで頂いた方からは、
「力強く熱意のこもった文章に感動しました」
「成功するための道がみえました」
「お金と時間の知識を知り、不安の根源がわかりました」
など、嬉しい感想をたくさん頂いております。



電子書籍出版のお声がけも頂いておりますが
多くの人に読んで頂きたいので、


期間限定で無料公開しています。



無料ですから、興味があれば覗いてみてください。
「パソコン一台で新しい田舎暮らし」を無料で読んでみる




私の経歴は、こちらの記事で詳しく書いています。
自由を手に入れるまでの軌跡と思い




最後まで読んで頂き、ありがとうございました。