ネットを利用したビジネスにおける効果的な集客方法5つの基本的な考え方

こんにちは! せがひろです。

今回は、さまざまなビジネスで使える

集客方法について話たいと思います。

ビジネスの基本は、

・集客

・教育

・販売

の掛け算で成り立っています。

掛け算なので、どれかがゼロだと

稼げないわけです。

それで、その中の集客・・・

ビジネスを実践する上で、

これが一番、大変だと感じています。

他の情報発信でも伝えましたが、

個人事業主の一番の悩みが集客です。

どんな、良い商品やサービスがあったとしても、

それを知って貰わなければ、何もはじまりません。

個人事業主以外の企業でも、

集客には多額と費用を書けています。

それが全てというわけではありませんが、

宣伝広告費にどれだけの資金を費やしている事か・・・

テレビでも、ネットでも、

新聞でもチラシでも・・・

至る所に広告が溢れています。

それだけ、ビジネスをやっていて、

集客方法に悩む企業や個人事業主は、

とても多く存在しています。

それこそ、自営業をしている人のほとんどが、

集客方法については常に頭を悩ませている

のではないでしょうか?

デパート、スーパー、ラーメン屋さん、

美容院、観光地、etc・・・

では、なぜ多くの人が集客方法に悩んで

いるのかというと、

・集客をする上で必要な5つの基本的な考え方

・どんな集客方法があるのか

それを知らないからです。

必要な知識を持っていないから、

いつまでたっても集客を成功させることが

できていないわけです。

もし、効率の良い集客方法を

確立させることができれば・・・

お客さんを集められるのは勿論のこと、

求人の際にも大きな強みとなります。

集客とは、簡単に言ってしまえば、

あなたの商売に興味を持っている人を

集めることです。

だからこそ集客の知識は、

求人で人を集めることにも

役立たせることができます。

もし現状、あなたが集客に

困っていなかったとしても、

人員採用なんかを

考えているというのなら、

ぜひ、この機会に、

もう1度集客方法について

学んでみてください。

ということで今回は、

1.集客に必要な5つの基本的な考え方

2.集客方法27選

3.集客の成功事例

について、詳しく解説していきます。

ビジネスをするなら、

集客から目を背けることはできません。

ぜひ集客についてしっかりと学び、

お客さんに困らないビジネスを展開してください。

集客に必要な5つの基本的な考え方

効果的な集客を行うためには、

まず知っておかなければいけない

5つの基本的な考え方があります。

1.思い込みに流されないこと

2.マーケティングはしっかり行うこと

3.自動で売れる仕組み作りをすること

4.価格設定はしっかり考えておくこと

5.PDCAを回すこと

たとえ多くの知識やアイデアがあったとしても、

この5つのことを知らなければ、

効果的な集客方法を選択することはできません。

そのため、これから説明する5つのことは、

集客を行う上での、まさに前提条件と呼べるものなのです。

それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

集客においては、最も重要な部分になりますので、

しっかりと読み込んでおいてください。

1.思い込みに流されないこと

集客を行う場合、目先の情報に踊らされて、

自頭で思考せず、思い込みに流されないようにしましょう。

例えば、

・SNSが流行っているからとにかくはじめる

・FAXへのDMはもう古いから効果がない

・今はネット集客が主流だからリアルはダメ

・1度離れた顧客は、もう訪れない

などなど、他にも色々ありますが、

とにかく集客を行う際は、

思い込みに流されないこと!

それが非常に重要なのです。

思い込みに流されると、新しいアイデアは

生まれにくくなりますし、

効果のある集客方法を最初から

否定してしまうことにもなります。

中でも特に多いのが、

流行っているものばかりに目を向け、

古いものは、もう使えないと

決めつけてしまうパターンです。

もしあなたにも身に覚えがあるようでしたら、

今すぐ、その考え方を改めてください。

そうすることで、今まで見えていなかった

集客方法が見えるようになり、

あなたのビジネスにおける

最適解を見つけやすくなります。

2.マーケティングはしっかり行うこと

集客を行う場合は

マーケティングを徹底し、

誰がターゲットなのか

そのお客さんはどこにいるのか

を明確にしてください。

当たり前な話ですが、

どんなに優れた集客方法でも、

自社の商品やサービスを欲しがる

お客さんが居ない場所でやっていては、

なんの意味もありません。

例えば、掃除機を買ったばかりの人に

掃除機を勧めても見向きをしませんよね。

あるいは、食事をしてお腹いっぱいの人に

食べ物を勧めても食べたくないし、

靴を買ったばかりの人に

靴を勧めても買って貰えませんよね?

セールスがどれだけ優れていようとも、

現状、満たされた状態のお客さんには、

まず売れることはありません。

ここまで極端な例は中々ないにしても、

あえて見込み客の少ない媒体で集客を行い、

失敗している人は意外と多くいます。

私も新しい田舎暮らしを

勧めていますが、

既に移住された人に勧めても、

見向きもされません。

このようなことが起こらないように、

マーケティングはしっかりと行い、

・どんな人がターゲットか?

・ターゲットはどこにいるのか?

それを明確にしてから、

集客を行うようにしてください。

3.自動で売れる仕組み作りをすること

集客方法を考える際には、

自動で売れる仕組み作り

念頭においてください。

というのも、

仕組み作りをしなければ、

集客方法の再現性がなくなり

常に時間を取られるからです。

例えば、あなたが

フリーランスになって、

かつ、高い営業スキルを

持っていたとしましょう。

しかし、あなたの営業スキルに

頼り切った集客ばかりしていては、

一人分の集客しかできません。

あなたはそれを誰かに

任せることができず、

いつまで経っても

忙しいままです。

セミナー講師やコンサルで

直接人と逢って、

ビジネスするやり方も

同じですよね。

これでは、経営者としての

仕事の方が疎かになってしまい、

結局会社の業績を

伸ばすことはできません。

だからこそ、

あなたが手を出さずとも、

自動で集客ができるような

仕組みを作らなければ

いけないというわけです。

集客の仕組み作りをする際には、

3つの基本的なステップがあります。

1.購入見込みの高いお客さんを効率的に集める

2.お客さんから信頼を獲得する

3.あなたの商品・サービスの良さを正しく伝える

要は、この3つをある程度、

自動で行えるような仕組みを

作らなければいけないわけですね。

たとえば、ブログで見込み客を集め、

発信する情報(メルマガ含む)で、

お客さんの信頼を獲得し、

メルマガで商品やサービスの

必要性を教育する。

そういった流れが

ネット上ではとてもポピュラーです。

4.価格設定はしっかり考えておくこと

集客を行う場合、

自社の商品やサービスの価格設定を

しっかりと利益の出るものにして

おかなければいけません。

どういうことかというと、

お客さんを集めたいばかりに

無理な値下げを行う人が

良くいるのですが、

それは絶対にやめてください。

夕方の食品売り場でしたら、

売り切りたくて値下げしたり、

型落ちの家電を

安く売るのは分かりますが、

お客さんを集めたい、

そのとばかりに

目が向いてしまい、

無理な値下げを行った結果、

充分な利益を出すことができず、

倒産してしまう

中小企業は少なくありません。

もしくは、

大して儲かっていないのに、

やたらと忙しそうな人も価格設定に

失敗してしまっている場合が多いです。

集客はできていても

儲けがないから人員が増やせず、

いつまで経っても

忙しいというパターンですね。

そのまま精根尽き果ててしまい、

体調を崩したり、精神を病んで、

引退する人も多くいます。

このようなことに

ならないためにも、

集客を行う際は、

きっちりと価格設定について

考えておくべきです。

例えば、ブログによる集客も、

充分な利益を得れていれば、

誰かを雇ってやって貰い、

自分は、経営者の仕事に

集中することもできるわけです。

価格の安さで勝負するのではなく、

自社の商品が持つ価値通りの価格を

キープしつつ、

お客さんが集まる仕組みを作りましょう!

ということです。

とはいえ、

価格設定については

難しいと感じていたり、

既に安い価格設定に

してしまっていたり、

そういう人も

多いと思います。

ですが、安心してください。

どのような状況においても、

価格を上げて

利益を確保することは可能です。

5.PDCAを回すこと

集客を行う際は、

PDCAを回し、

常に改善しながら

進めていくようにしましょう。

PDCAとは、

・Plan(計画)

・Do(実行)

・Check(評価)

・Action(改善)

という物事を

改善するためのサイクルです。

計画を立て実行し、

その結果を評価し改善を行い、

再度計画を立てる、

そういった流れの繰り返しですね。

集客については、

うまくいくこともあれば、

うまくいかないこともあります。

もしくは、

最初はうまくいっていたのに、

時代の流れと共に、

うまくいかなくなってしまう

という場合も少なくありません。

そのため、

集客を行う際は、

常に、今行っていることが

最善なのかを疑い、

その都度、

改善していくことが重要なのです。

たとえば、

ネット集客を行ってみたものの、

うまくいかなくなった場合に備え、

自分で撤退タイミングを

設定しておくことが重要です。

ビジネスにおいて撤退は、

失敗ではありません。

うまくいっていない

集客方法に拘り、赤字を続け、

会社を倒産させてしまう

ことこそが失敗なのです。

だからこそ、

常に今行っている集客のデータを集め、

改善できることはないか、

うまくいっているのかどうか、

そういった確認は徹底するようにしましょう。

いつまでも同じやり方が

通用すると考えないことが、

社会の流れの中で

生き残るコツの1つです。

【一覧】使える集客方法13種類

ここからは、

実際に使える集客方法13種類を

一覧で紹介していきます。

01.独自のブログサイトを作成する

02. ランディングページを作成する

03. SEOによる流入を狙う

04.SNSを使ってマーケティングを行う

05. 口コミサイトに登録する

06.動画共有サイトを使う

07.ソーシャルメディアで広告を出稿する

08.リスティング広告を出稿する

09.その他のWeb媒体で広告を出稿する

10.Web上で影響力のあるインフルエンサーを起用する

11.アフィリエイトを利用する

12.オウンドメディアマーケティングを行う

13.ECサイトに出店する

集客を強化したい場合、

基本的には、

これらの集客方法から

自分に合っているものを探します。

それでは1つずつ

詳しく説明していきますので、

自分のビジネスと相性が

良い方法がないか、

探してみてください。

ネットだけが正しい

集客方法というわけでは、

もちろんありません。

それでもやはり今の時代、

ネット上での集客が、

大きな成果を生み出す

事例は多いです。

とくに個人がスマホを

持つようになってから、

ブログ、SNS、動画

といったものが身近になり、

様々なコンテンツや

Webサービスを使った

集客方法も増えてきました。

それでは実際にどのような

集客方法があるのか、

1つずつ確認していきましょう。

01.自分のブログサイトを作成する

ネット集客において、

最も基本的なのが、

自分のブログサイトを

作成することです。

アクセスを

集めることができれば、

当然集客媒体として

活用することができますし、

アクセスが集まって

いない状態でも、

自分の信頼性を高める

名刺のような働きをしてくれます。

そのため、

今のご時世、

集客に使う使わないは別にしても、

自分のサイトくらいは

作っておいた方が良いでしょう。

ちなみにブログサイト作成を

外部に委託する場合には、

運用面まで考えてくれる業者を

選ぶようにしてください。

というのも、

ブログサイト制作会社の中には、

ただ表面上だけきれいに整えて

多額の請求をしてくる業者も

多いからです。

たとえ綺麗で凝った

作りになっていても、

やっているビジネスに

ふさわしくないデザインだったり、

情報にアクセスしにくい

構造になっていたりする場合は、

むしろマイナスの方が

大きいと言えます。

他の情報発信でも伝えていますが、

見た目より中身が大事です。

とくに自分のサイトにアクセスを

集めたいという思いがあるなら、

そのための知識を持った

業者なのかどうかを

見極めるようにしましょう。

因みに、レンタルサーバを契約すれば、

自分でも全然、簡単に作れますよ。

(作り方のノウハウは、

メニューの「ブログサイトの作り方」で紹介しています。)

02.ランディングページ(LP)を作成する

自社の商品を売るための

ランディングページを作成しておくのも、

ネットで集客をする上では効果的です。

ランディングページは

訪れたユーザーのアクションを

促すことを目的に作られた

Webページのことで、

頭文字をとって

LPとも呼ばれています。

例えば、私のサイトメニューにある、

「無料プレゼントページ」のように、

活動の信念・理念に関係する情報が

記載されており、

最後に無料メルマガ登録へと

誘導するといった構成になっている

ことが多いです。

このようなランディングページを

作っておけば、

ネット集客において様々な場面で

利用することができます。

たとえば、自分のサイトに

訪れたユーザーを

ランディングページに

誘導したり、

Web広告のアクセス先

として設定することで、

商品を売り上げる

といった形ですね。

(因みに、直接、

商品を紹介する場合は、

その前に

ブログやメルマガで

信頼関係を築いておく

必要があります。)

ランディングページの

詳しい作成方法については、

以下の記事にまとめてあります。

ワードプレスでのLP(ランディングページ)作成専用のテーマとして、初心者でもプロが作ったような仕上がりで簡単に作成できるcolorful(カラフル)テンプレートの凄さを紹介しています。また、Webジネスで必要不可欠なランディングページ作成の基礎知識を説明しています。是非!最後まで読んでみてください。

03.SEOによる流入を狙う

自身が運営するサイトを

Googleといった検索エンジンで

上位表示させ、

そこからの流入で集客を行う

という方法もあります。

因みにSEOというのは、

検索エンジン最適化のことです。

多くの人が検索していて、

かつ自身のビジネスと

関係性の深いキーワードで

上位表示させることができれば、

かなり効果的に

集客をすることができます。

また、上位表示させている間、

広告費が掛かってこないのも

魅力的です。

但し、上位表示させるためには、

しっかりとサイトを

作り込む必要があるため、

サイト作成に時間と

お金が掛かります。

更に、評価基準はリアルタイムで

更新されているため、

急に検索順位を落とされて

しまうことも少なくありません。

そういった面を考えると、

集客を全てをSEO頼りに

してしまうのは

危険であるといえるでしょう。

04.SNSを使ってマーケティングを行う

Facebook、Twitter、Instagramなどの

SNSで集客を行うのも効果的です。

SNSは直接商品を売り込むというより、

ファンを作ることに適しています。

まずはあなたを知って貰い、

ファンになって貰ってから

売り込みをかける。

そういった手法が

主流です。

また、SNSには、

・拡散力が高い

・ユーザーの声を直接聞くことができる

そういった特徴もあります。

特徴をうまく活かせば、

SNSは強力な集客ツールとして

役に立ってくれるはずです。

05.口コミサイトに登録する

食べログ、

ホットペッパービューティーなどの

口コミサイトに登録すれば、

サイト経由での集客を

行うことができます。

一応、食べログなどは

無料で掲載できる

プランもあるのですが、

その場合、表示機能や

検索順位の優遇が一切ありません。

そのため、

特に競合の多い分野で

商売をされる場合は、

有料プランで

登録しておくのが無難です。

但し、口コミサイトから

来るお客さんは、

ややファンになりにくい

という傾向があります。

なぜなら、

ミーハーなお客さんであったり、

クーポンを目当てに来る

お客さんであったりが

多いからです。

そのため同じ

ネット上での集客でも、

SEOに比べて客単価が

安くなり易いといわれています。

とはいえ、

多くの人が

口コミサイトを参考にして、

お店選びをしていることも

事実なので、

特に飲食店を

経営している場合は、

無視することは

できないでしょう。

(ちゃんと、広告費と収益を

分析して決めることが大事ですね。)

06.動画共有サイトを使う

動画共有サイトを使って

自身のブランディングを行い、

興味を持って貰ってから

売り込みをかける!

そういう集客方法もあります。

とくに多くの企業が

手を出しているのが、

YouTubeを使った集客です。

YouTubeは国内で

ネットを繋いでいる人の

約8割が視聴していると

いわれているほど、

人気の動画共有サイトで、

幅広い年齢層のユーザーがいます。

そして、視聴ユーザーの
住んでいる地域や、

視聴時間帯、

広告へのクリック、

そういったデータを

確認することができるため、

細かなターゲティングも

可能なのです。

基本的には動画コンテンツを

アップすることで

興味を持たせて、

そこから見込み客に

なって貰ってから、

売り込むという形が

メインとなります。

そのため、

動画共有サイトを

使った集客では、

いきなり商品が売れると

いったことは基本ありません。

あくまでも、

集客が目的と

いっていいでしょう。

07.ソーシャルメディアで広告を出稿する

ソーシャルメディア内で

広告を出稿するといった

集客方法もあります。

広告を出す媒体としては、

Facebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTube

などが主流です。

ソーシャルメディア広告には、

以下のような特徴があります。

資金力でなく、

・広告(コンテンツ)の質で勝負することができる

・細かなターゲティングができる

これらの特徴により、

ソーシャルメディア広告は、

資金力に乏しい中小企業や

個人事業主にこそお勧めです。

但し、ソーシャルメディアの特性上、

すぐに何かを売るといった集客ではなく、

見込み客やファンを

作るといった集客が

メインとなりますので、

そこは理解しておきましょう。

08.リスティング広告を出稿する

リスティング広告を出稿して

集客をするという方法も、

まだまだ効果的です。

リスティング広告とは、

GoogleやYahoo!といった

検索エンジンの上位部分に

自身のサイトへのリンクを

表示させる広告のことをいいます。

広告を出稿するには、

当然ながら費用が掛かるのですが、

競合が多いほど広告単価が

高くなるといった特徴があるため、

逆にライバルの少ない

キーワードで広告を出稿する場合は、

安価で済む場合もあります。

例えば、「店名 + 土地名」などで

広告を出す場合、

都心部でなければ比較的安く

広告を出稿できるはずです。

そのため、

リスティング広告は地方で

お店を経営している場合には、

特にお勧めな集客方法で

あると言えるでしょう。

09.その他のWeb媒体で広告を出稿する

Web広告には、

・ソーシャルメディア広告

・リスティング広告

それ以外にも、

様々な種類のものがあり、

勿論、集客に

利用することが可能です。

例えば、以下のような

広告があります。

・純広告

・記事広告

・メール広告

・アドネットワーク広告

・リマーケティング広告

それぞれに特徴があり、

掛かる費用や効果の出方にも

違いがあります。

10.Web上で影響力のあるインフルエンサーを起用する

既に多くの人にフォローされている

インフルエンサーに自社や商品を

紹介して貰うことで、

非常に高い集客効果を

得ることができます。

Web上でインフルエンサーに

なり得るのは、

例えば多くのフォロワーがいる

・Facebookのアカウント保持者、

・多くのアクセスを集めるブログの運営者、

・有名なYouTuber、

などです。

彼らは、Web上で

とても強い影響力と拡散力を
持っていますので、

1度紹介して貰うだけでも、

多くの人に自社のことを

認知して貰えます。

とくに最近は、

YouTuberの影響力の高さが

注目されています。

ただその分、

紹介して貰うために

多額の紹介料を払わなければ

いけない場合も多々あります。

また、一口にインフルエンサーといっても、

どういった層に影響力が

あるのかはマチマチです。

もし、インフルエンサーと

手を組むなら、

きちんとマーケティングを行い、

自身の商品と親和性の高い層に

影響力のある人物を選ぶようにしましょう。

11.アフィリエイトを利用する

アフィリエイトを導入することでも

集客はできます。

アフィリエイトは、

商品販売やメルマガ登録に

誘導してくれた人に、

報酬として広告費を支払う

という仕組みのビジネスモデルです。

要は、報酬を設定することで、

不特定多数の人に商品紹介をして貰う

という仕組みです。

アフィリエイトを行うには、

ASPというアフィリエイト案件を

取りまとめているサイトに登録するか、

もしくは、

自身で独自アフィリエイトシステムを

導入するかという2通りのパターンがあります。

多くの人に商品の紹介をして欲しい場合は、

ASPへの登録を検討し、

特定の少人数に商品紹介を

して欲しい場合は、

独自システムの導入を

検討すれば良いでしょう。

また、アフィリエイトを

導入する場合に重要なのは、

いかにあなたのサイトのことを

多くの人に紹介して貰えるか、

という点です。

いくらアフィリエイトを

導入しても、

紹介してくれる人がいなければ

何の成果もあがりません。

アフィリエイトでしっかりと

紹介して貰うためには、

・魅力的な報酬設定をする

・紹介しやすいように多くの情報を提供する

・商品の販売ページをきっちり作り込む

といった工夫が必要です。

12.オウンドメディアマーケティングを行う

集客方法の中には、

オウンドメディアマーケティングを

行うというものもあります。

オウンドメディアとは、

自社が所有しているメディアのことです。

もちろん、

「自分のブログサイトを作成する」で

紹介した自身のサイトも

オウンドメディアの一部になります。

他には、

・情報発信ブログ

・メールマガジン

・独自のECサイト

・紙のカタログ

なども、オウンドメディアです。

ネット上でオウンドメディアを

集客に利用するなら、

恐らく情報発信ブログの運営や

メルマガの運営がメインになるでしょう。

これらのメディアを通じて、

自社商品を売り込んで

いくわけですね。

13.ECサイトに出店する

楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングといった、

大手ECサイト(ネットショップ)に

出店するといった集客方法もあります。

物販系のビジネスをやっているなら、

ECサイトに出店することで

販路を拡大し、

お客さんを

増やすことが可能です。

効果的な集客方法例

ここからは、

効果的な集客方法例を紹介していきます。

1.リスティング広告を上手く使った方法

2.顧客リストにご挨拶をすることで集客する方法

どちらも、

小さな店舗や会社向きなので、

特に中小企業や個人事業主を

している人なら

参考にして頂けるはずです。

ぜひ、確認してみてください。

リスティング広告を上手く使った例

地方で、「店名 + 地名」

という競合のいないキーワードで

リスティング広告を出し、

新たなお客さんの獲得をしたとします。

更にそこで、

リスティング広告で出すページを

ランディングページにして「強み」

例えば、他店より夜遅くまで

営業しているとか、

それを全面に

押し出したとします。

そうすると、

その店は会社帰りの

新規顧客を多数獲得することが

できるわけです。

さらに「店名 + 地名」という

競合のいないキーワードで

リスティング広告を

出稿していたため、

広告費も

ほとんど掛かっていません。

このように

やり方によっては、

少ない資金で大きな集客効果を

得ることもできるのです。

顧客リストにご挨拶をすることで集客する方法

ネットビジネスを行うと、

お客さんとの連絡先を

登録して頂きます。

それがメールアドレスだったり、

SNSのアカウントだったり・・・

アフィリエイトや

独自商品が1つしかないと、

一度コンタクトを取って終わりです。

ですが、

新たなアフィリエイト商品や、

独自商品を追加した時に、

そのお客さんへ、

再びオファーを掛けるわけです。

その方が新規顧客を集客するより、

遥かに成約率が高いわけです。

このように、

せっかく頂いた連絡先を大切にし、

再度、お客さんになって

貰えることも考えましょう。

ただし、

こちらの都合だけで、

お願いしていると、

信用を失ったり、

嫌われたり、

音信不通になることがあります。

なので、こちらから

お願いする前に、

プレゼントや良い情報を

渡すことにより、

信頼・信用を高めることを

忘れないようにしてください。

それこそ、

リアルなビジネスでも、

取引先を訪問する際に手土産や、

お中元、お歳暮時期に

何か贈ったりしますからね。

それと同じことです。

【まとめ】集客方法は最善のものを選択しましょう

今回は集客方法について

お話をしてきました。

集客方法自体は

いくつも種類がありますが、

重要なのは基本的な

5つの考え方を知った上で、

最適な集客方法を

選び取ることです。

1.思い込みに流されないこと

2.マーケティングはしっかり行うこと

3.自動で売れる仕組み作りをすること

4.価格設定はしっかり考えておくこと

5.PDCAを回すこと

新しい集客方法を

模索しているという場合は、

これら5つのことを

しっかり確認しておきましょう。

特に個人事業主や

中小企業の場合、

失敗しやすいのは

4番の価格設定です。

というのも、

集客をしたいと思うあまり、

大手企業に対抗して

商品の価格を下げ過ぎて

しまう人がとても多いのです。

大手企業のように薄利多売では、

勝負できません。

商品の価格を

下げ過ぎてしまうと、

たとえ、お客さんが

増えたとしても、

充分な利益が出せず、

体力のない個人事業主や

中小企業は、

そのまま倒産してしまいます。

もしくは忙しくなり過ぎて、

体調を崩してしまうという

パターンも多いです。

そうならないためにも、

集客を行う際は、

きっちりと価格設定について

考えておきましょう。

基本的に万能な

集客方法というものはありません。

集客に必要な5つの考え方を基に、

自分のビジネスに合った

集客方法を選び取り、

改善を続けていくことこそが、

正しい集客の在り方なのです。

この内容が参考になれば嬉しいです。

以下の動画も参考になります。

https://youtu.be/Dn0ju8aB47Q

自由で豊かに生きる方法を学んでみよう!


私は、脱サラしてネットビジネスで自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られずに自由に生きています。


単身赴任も、満員電車も、嫌な上司も無縁で、
田舎で家族や友達との時間を大切にして、
毎日自分のやりたいようにストレスフリーで生活しています。


とはいえ、私に最初からネットビジネスの知識が
あったわけでも、ビジネスの才能・センスがあったわけでも、
裕福な家庭で育ったわけでもありません。


もともと人間嫌いで、一人で行動するのが好きで、
人付き合いが苦手で、常に自分が好む人とだけ接していたい、
会社でも「働かないおじさん」というダメダメ人間でした。


毎日、スーパーのチラシをみて、
”食べたいものより、安いもの”を探し、
少ない給料をやりくりしながら生活する
貧乏時代もありました。



ネットビジネス知識も人脈も資金もゼロでしたが、
自由を夢見て思い切って飛び込んでみて、
短期間で人生が180度変わったのです。



私と同じ起業家仲間も、非正規労働者、高卒フリーター、リストラ組、
いじめ、対人恐怖症、うつ病などマイナスからスタートして、
半年、1年ぐらいで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでも、
諦めなければ誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本は納税のため、生活のため、
イヤイヤ働かざるを得ない人が大勢います。


(先進国で「勤労の義務」があるのは日本だけとか)


マイホームを持つと「単身赴任」は、
サラリーマンでは良く聞く話です。


(結婚したり、ローンを抱えてたら、
 簡単に会社をやめないだろうっていう・・・
 人の弱みに付け込んだ人事)


ある意味、家族まで犠牲になるわけです。


私は、そんな労働に支配された人生なんて、
奴隷みたいで絶対嫌だ!と思っています。


どうせ一度きりの人生!



我慢・我慢で一生を終えるより、
自由に好きなように生きるべきです。


とはいえ、何をどうしたら良いのか?
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、私がどのように脱サラから
ネットビジネスで成功したのかを
まとめた電子書籍を作成しました。



すでに読んで頂いた方からは、
「力強く熱意のこもった文章に感動しました」
「成功するための道がみえました」
「お金と時間の知識を知り、不安の根源がわかりました」
など、嬉しい感想をたくさん頂いております。



電子書籍出版のお声がけも頂いておりますが
多くの人に読んで頂きたいので、


期間限定で無料公開しています。



無料ですから、興味があれば覗いてみてください。
「パソコン一台で新しい田舎暮らし」を無料で読んでみる




私の経歴は、こちらの記事で詳しく書いています。
自由を手に入れるまでの軌跡と思い




最後まで読んで頂き、ありがとうございました。