労働感覚の洗脳を解く方法!価値交換で高単価短時間を手に入れよう

こんにちは! せがひろです。

突然ですが、あなたは、

自分の収入に満足していますか?

自分の働き方に満足していますか?

自分の価値に満足していますか?

もし、これらの質問に「いいえ」と答えたなら、

あなたは、労働感覚の洗脳に

かかっている可能性があります。

労働感覚の洗脳とは、

自分の提供する価値に見合った

対価を得ることに抵抗を感じたり、

自分の働いた時間に応じて

収入を得ることに安心したりすることです。

これは、私たちが社会や教育から受けた

影響や刷り込みによって生じる現象です。

しかし、この労働感覚の洗脳は、

私たちの幸せや成功を妨げるものです。

私たちは、自分の提供する価値に応じて

対価を得ることができるはずです。

私たちは、自分の時間や人生を

自由に使うことができるはずです。

自分の価値を誇りに

思うことができるはずです。

そこで、今回は、労働感覚の

洗脳について考えてみたいと思います。

私は、労働感覚の洗脳から

解放されるべきだと主張します。

そして、その方法として価値交換の

感覚を身につけることを提案します。

この記事では、以下の内容をお伝えします。

・アメリカ高単価で短く働く、日本は低単価で長く働く?

・雇われて収入を得る感覚と価値交換の感覚

・価値交換の抵抗を払しょくするためには

この記事を読めば、あなたは労働感覚の

洗脳から目覚めることができます。

そして、もっと高単価で短く働き、

もっと幸せな生活を送ることができます。

では、さっそく解説していきましょう。

アメリカ高単価で短く働く、日本は低単価で長く働く?

まず、日本とアメリカの

労働環境を比較してみましょう。

日本では、平均的なサラリーマンは

一日8時間以上働きます。

しかも、サービス残業が当たり前で、

休日や有給休暇も取りにくいです。

一方、アメリカでは、

一日の平均労働時間は約6.5時間で、

残業代はきちんと支払われます。

また、休日や有給休暇も比較的自由に取れます。

では、収入はどうでしょうか?

日本では、平均年収は約500万円ですが、

アメリカでは約800万円です。

つまり、アメリカの方が高単価で短く働き、

日本の方が低単価で長く働いていると言えます。

なぜ、こんなに差があるのでしょうか?

それは、私たちの労働感覚に

問題があるからだと思います。

私たちは収入を得ることに罪悪感を

持っているのではないでしょうか?

働いた時間が多ければ多いほど、

「自分には価値がある」

そう思っているのではないでしょうか?

それは、労働感覚の洗脳だと言えます。

私たちは、雇われて収入を

得ることに慣れすぎています。

働いた時間に対しての収入は

気にならないけれど、

価値を提供して対価を得ることには

むっちゃ抵抗があります。

例えば、自分の家族や親しい友人に

あなたのつくった商品を売ることに

抵抗を感じる人は多いと思います。

(商品とは、料理とか、

日曜大工的なものも含まれます。)

それは、自分の提供する価値に

自信がないからだと思います。

一つ例を挙げましょう。

プロ野球選手は、自分の実績や

能力に応じて年俸を交渉して決めます。

彼らは、自分のプレーがどれだけチームや

ファンに価値をもたらすかを考えて、

それ相応の対価を要求します。

しかし、サラリーマンは求人票の提示額を

すんなり受け入れることが多いです。

彼らは、自分の仕事がどれだけ会社や

社会に価値をもたらすかを考えずに、

労働時間で収入を得ることに満足しています。

これは、雇われて収入を得る感覚と

価値交換の感覚の違いです。

私たちは、時間ではなく、

価値で収入を得ることが大切です。

それが、価値交換の感覚です。

雇われて収入を得る感覚と価値交換の感覚

私たちは、雇われて

収入を得ることに慣れすぎています。

働いた時間に対しての収入は

気にならないけれど、

価値を提供して

対価を得ることには抵抗があります。

しかし、本来は逆です。

私たちは、自分の提供する価値に

応じて対価を得るべきです。

時間ではなく、価値で収入を

得ることが大切です。

それが、価値交換の感覚です。

さらにもう一つ例を挙げましょう。

主婦の方々は、毎日家族のために

食事を作っています。

それは、愛情や責任から来る行為であり、

無料・無償で当然かもしれません。

しかし、もし自分で料理屋さんを

営む場合はどうでしょうか?

自分の作った料理で人様から

お金を頂戴していいものか?

そう悩むことはありませんか?

それは、自分の提供する価値に対する

対価が不明確だからだと思います。

一方、料理屋さんで

バイトする場合はどうでしょうか?

バイト料は決まっていますし、

働いた時間に応じて支払われます。

それなら抵抗を感じないことでしょう。

これもまた、雇われて収入を得る感覚と

価値交換の感覚の違いです。

私たちは、時間ではなく、

価値で収入を得ることが大切です。

それが、価値交換の感覚です。

価値交換の抵抗を払しょくするためには

では、どうすれば価値交換の感覚を

身につけられるでしょうか?

私は、以下の3つのステップをおすすめします。

・自分の提供する価値に自信を持つこと

・その価値を明確に伝えること

・その価値に見合った対価を要求すること

まず、自分の提供する価値に

自信を持つことが大事です。

自分のスキルや経験、知識や情熱など、

自分にしかない価値を見つけて、

誇りを持ちましょう。

自分の価値を認めることができれば、

他人にも認めてもらえます。

では、どうしたら自分の提供する

価値に自信を持てるでしょうか?

私は、以下の3つの方法をおすすめします。

・自分の得意なことや好きなことを見つけること

・自分の成果や実績を記録すること

・自分の評価やフィードバックを受け入れること

これらの方法は、

それぞれ以下のような効果があります。

自分の得意なことや好きなことを

見つけることは自分の価値の源泉です。

自分の成果や実績を記録することは、

自分の価値の証明です。

自分の評価やフィードバックを

受け入れることは自分の価値の改善です。

次に、その価値を

明確に伝えることが必要です。

自分の提供する価値が何であるか、

どのように相手にメリットがあるか、

どのように違いがあるかなど、

具体的に説明しましょう。

相手に価値を理解して貰えれば、

信頼関係が築けます。

では、どうしたらその価値を

明確に伝えることができるでしょうか?

私は、以下の3つの方法をおすすめします。

・自分の提供する価値を言葉で表現すること

・自分の提供する価値を数字やデータで裏付けること

・自分の提供する価値を事例や証言で示すこと

これらの方法は、

それぞれ以下のような効果があります。

自分の提供する価値を言葉で

表現することは自分の価値の明確化です。

自分の提供する価値を数字や

データで裏付けることは、

自分の価値の客観化です。

自分の提供する価値を

事例や証言で示すことは、

自分の価値の信頼化です。

最後に、その価値に見合った

対価を要求することが重要です。

自分の提供する価値が高ければ

高いほど、対価も高くなります。

相場や競合と比較して、

適切な金額を決めましょう。

対価を要求することは、

自分の価値を尊重することです。

では、どうしたら、

その価値に見合った対価を

要求することができるでしょうか?

私は、以下の3つの方法をおすすめします。

・自分の提供する価値に基づいて料金設定をすること

・自分の提供する価値に応じて交渉力を身につけること

・自分の提供する価値に沿った契約や約束をすること

これらの方法は、

それぞれ以下のような効果があります。

自分の提供する価値に基づいて

料金設定をすることは、

自分の価値の正当化です。

自分の提供する価値に応じて

交渉力を身につけることは、

自分の価値の実現化です。

自分の提供する価値に沿った

契約や約束をすることは、

自分の価値の保証化です。

以上の3つのステップを実践すれば、

価値交換の感覚を身につけられると思います。

それは、労働感覚の洗脳から

解放されることでもあります。

まとめ

今回は、労働感覚について考えてみました。

私たちは、アメリカと比べて低単価で

長く働いていることに気づきました。

それは、収入を得ることに

罪悪感を持っているからだと思います。

私たちは、雇われて収入を得る感覚ではなく、

価値交換の感覚を身につけるべきです。

そのためには、自分の提供する

価値に自信を持ち、

明確に伝え、見合った対価を

要求することが大事です。

それが、労働感覚の

洗脳再点検だと思います。

あなたも、自分の労働感覚を

見直してみてください。

もっと高単価で短く働きましょう。

それが幸せな生活のための

第一歩だと思います。

この内容が参考になれば嬉しいです。


自由で豊かに生きる方法を無料で見てみる


私は、会社員時代は単身赴任で全国を飛び回っていました。

毎日満員電車に揺られて出勤し、
嫌な上司からパワハラを受けながら働いていました。

給料は安くて、家賃や生活費で
ほとんど消えていました。

家族とは離れて暮らし、
週末も帰省する余裕もなく、

電話やメールでしか
連絡できませんでした。

家族との時間を失ってまで、

こんな人生で本当に幸せなのか?
自分は何のために生きているのか?

そんな悩みが頭から離れませんでした。

そんな時、ネットビジネス
というものに出会いました。

ネットビジネスとは、
インターネットを使って

自分の好きなことや得意なことを
商品やサービスとして提供するビジネスです。

私は、人間嫌いで一人で行動するのが
好きだったので、

ネットビジネスは
まさにピッタリだと思いました。

しかし、私にはネットビジネスの
知識も経験も資金も人脈もありませんでした。

どうすればいいか分からず、
不安や恐怖でいっぱいでした。

ですが、自由に生きるためには
リスクを背負ってでも

チャレンジするしかないと
思い切って飛び込んでみました。

そして、半年後、
私は初収益を達成しました。

今では、自動で稼ぐ仕組みを作り上げて、
お金と時間に縛られずに自由に生きています。

田舎で家族と一緒に暮らしたり、
旅行したり、趣味に没頭したり、

自分のやりたいことを
思う存分楽しんでいます。

私だけではありません。

私と同じ起業家仲間も、
単身赴任や出稼ぎなど

家族と離れて暮らしていた
人たちが多くいます。

彼らも私も、特別な才能やセンスや
資金があったわけではありません。

ただ、家族と一緒に生きたいという
強い思いと 行動力があっただけです。

あなたは今の人生に満足していますか?

毎日イヤイヤ働いて、
お金や時間に不自由して、

家族との時間を犠牲にして、
自分の夢ややりたいことを諦めて、

我慢・我慢で一生を終えるつもりですか?

私は、そんな人生は嫌だと思いました。

どうせ一度きりの人生なら、
自分の好きなように生きるべきです。

しかし、自由に生きるためには
何をどうしたらいいのか分からないですよねー。

私もそうでした。

そんな私がどのように単身赴任・出稼ぎ生活から
ネットビジネスで成功したのかを

詳しくまとめた電子書籍を作成しました。

この電子書籍では、
以下のことを学ぶことができます。

・ネットビジネスとは何か?
・メリットとデメリットは何か?
・成功するために必要なことは何か?
・稼ぐ仕組みと具体的な方法は何か?
・家族と一緒に生きるために必要なお金と時間の知識

この電子書籍を読めば、
あなたも 単身赴任・出稼ぎから脱出して

ネットビジネスで自由に生きる方法が分かります。

この電子書籍は、私がこれまでに培ってきた
ノウハウや経験を惜しみなく公開しています。

すでに読んで頂いた方からは、
「家族と一緒に暮らせるようになりました」
「単身赴任・出稼ぎの苦しみから解放されました」
「お金と時間の知識を知り、不安の根源がわかりました」 など、

嬉しい感想をたくさん頂いております。

この電子書籍は、
本来有料で販売する予定でしたが、

多くの人に単身赴任・出稼ぎから脱出して
自由に生きる方法を知って欲しいと思い、

期間限定で無料公開しています。

あなたも単身赴任・出稼ぎから脱出して
ネットビジネスで自由に生きる方法を学んでみませんか?

無料ですから、興味があれば覗いてみてください。
「パソコン一台で新しい田舎暮らし」を無料で見てみる



私の経歴は、こちらの記事で詳しく書いています。
自由を手に入れるまでの軌跡と思い


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。