ひろゆき氏が実績ゼロのときにやったことを知り成功のイメージを掴もう

こんにちは! せがひろです。

みなさんは、論破王の

ひろゆき氏をご存じですか?

私は、彼の物言いが大好きで、

書籍の感想をブログ記事で

投稿したりしています。

彼の代表作『1%の努力』では、

「考え方の根っこ」を深く掘り下げ、

思考の原点をマジメに語っています。

参考になる書評ブログは、

以下になります。

今回は、「1%の努力」について話したいと思います。これは、ご存じの方も多いと思いますが、論破で有名な、ひろゆきさんの著書です。最初に、あなたは何のために毎日生きていますか?何か、意味がありますか?もしかして、自分が生きている意味なんてないんじゃあ・・・そう考える人もいると思います。

今回は、ひろゆき氏が語る

僕が「実績ゼロのとき」にやっていたこと。

これを紹介したいと思います。

ひろゆきが語る「最初の実績をどうやって作ったのか」

引用元:DIAMOND online

最初に、この記事で伝えたい、

結論を話すと、

ゼロの状態から

たった1つ実績を作るだけで

その後飛躍的に

成長することができる。

そのたった1つの実績を

作るのに苦労している人が

世の中には大勢いて

どうやったら達成できるかを

ひろゆき氏の経験を基に

語ってくれています。

では本編の方、

話していきましょう。

「最初の実績」はめちゃくちゃ大事

仕事において成長曲線を

描くためには、

「最初の実績づくり」

が目標となる。

色々口を出せる立場に

なれるかどうかは、

「実績」があるのと

ないのでは大きく違う。

悲しいが、これが現実だ。

僕の場合、

最初の実績のために

「論理的に説得すること」に

重きを置いた。

趣味のゲームと映画に

かなりの時間を

割いていたので、

エンタメの

「おもしろさ」を

語ることには

自信があった。

大体のウェブサービスは、

エンタメの要素がある。

完全にツールになって

いるものは少ないので、

おもしろいと

感じる要素があるのだ。

過去に見てきたウェブサイトの

インプット数が多いので、

それを例にして論拠を

出すようなことをしていた。

インプットの数を増やして

おくしかない。

それが僕の

バックグラウンドの部分だ。

このように伝えています。

いわゆるゼロイチと言われる

新たに何かを始める時に

必ず通らなければ

成功できない難関です。

そこを乗り越えられれば

イチヒャクも

簡単だと言われています。

要はイチを達成したことを

やり続ければ、

月100万円ぐらいまでは

稼げるといった考え方です。

ヒャク以上はまた新たな

ビジネスの構築をしないと

難しいとも言われています。

全ての始まりはゼロイチで、

何も実績がないところから

お客さんに信頼されて、

価値を感じて貰って、

初めて商品やサービスに対して

お金をは立ってくれるわけです。

芸能人でYouTubeを始めても

成功している人は一握りです。

知名度があっても

ビジネスの本質を

ちゃんと学ばないと

難しいということです。

見よう見まねで

上手くできるほど

甘くはないと

いうことですね。

「断られたとき」にどう振る舞うか

匿名掲示板の「2ちゃんねる」が

そんなに有名じゃなかった頃に、

似たような仕事を

頼まれたことがあった。

しかし、成功率は低かった。

論理があっても聞いてくれる

耳を持たれないとダメだった。

ということは、

1つでも大きな実績があれば、

かなり有利になる

ということでもある。

最初は提案して断られて、

提案して断られて、

ということを

何度も繰り返した。

ただ、歯を食いしばって

痛みに耐えながら

やったわけではない。

好奇心が先にあって、

すべての経営者の

思考パターンを

網羅するつもりで臨んだ。

そうすると現場の仕事が

ラクになることより、

経営者側が楽して

儲かる方法を好むことが

徐々にわかってくる。

どこに問題点があって、

どこを詰めればいいのか。

その勘所を探る

工程を楽しめるか。

テレアポのバイトと

同じように、

人をパターン化しながら、

「こう聞けば、こう返してくる」

というモデルを

頭の中で作り上げていく。

それらをコンプリート

する頃には、

一気にすべての仕事が

うまくいきはじめる

瞬間があった。

階段を行ったり

来たりしていたのが、

いきなり

エレベーターに乗って

最上階に到着した

ような感覚だった。

成功はじわじわ

訪れるのではなく、

加速度的に

到達するものだ。

一発逆転は

早々起こらない。

そこに至るまでの

「1%の努力」が大切なのだ。

このように伝えています。

ひろゆき氏ですら

ゼロイチで

苦労したわけです。

しかしそこさえ

乗り越えれば、

加速度的に成功

できると伝えています。

冒頭で伝えたイチヒャクは

それ程難しくないことを

証明してくれるような

発信だと思いました。

雇われて働いていても

やるべきことを

きちんとこなしていれば、

信頼され仕事を任せて貰える

瞬間が訪れます。

ひろゆき氏の貴重な経験から

ゼロイチ達成のイメージを

掴んで欲しいと思いました。

この内容が参考になれば嬉しいです。

動画紹介

今回の内容について、

参考になる動画を紹介します。

ぜひ、視聴してみてください。

https://youtu.be/5ZmeUaTLjAo

自由で豊かに生きる方法を学んでみよう!


私は、脱サラしてネットビジネスで自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られずに自由に生きています。


単身赴任も、満員電車も、嫌な上司も無縁で、
田舎で家族や友達との時間を大切にして、
毎日自分のやりたいようにストレスフリーで生活しています。


とはいえ、私に最初からネットビジネスの知識が
あったわけでも、ビジネスの才能・センスがあったわけでも、
裕福な家庭で育ったわけでもありません。


もともと人間嫌いで、一人で行動するのが好きで、
人付き合いが苦手で、常に自分が好む人とだけ接していたい、
会社でも「働かないおじさん」というダメダメ人間でした。


毎日、スーパーのチラシをみて、
”食べたいものより、安いもの”を探し、
少ない給料をやりくりしながら生活する
貧乏時代もありました。



ネットビジネス知識も人脈も資金もゼロでしたが、
自由を夢見て思い切って飛び込んでみて、
短期間で人生が180度変わったのです。



私と同じ起業家仲間も、非正規労働者、高卒フリーター、リストラ組、
いじめ、対人恐怖症、うつ病などマイナスからスタートして、
半年、1年ぐらいで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでも、
諦めなければ誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本は納税のため、生活のため、
イヤイヤ働かざるを得ない人が大勢います。


(先進国で「勤労の義務」があるのは日本だけとか)


マイホームを持つと「単身赴任」は、
サラリーマンでは良く聞く話です。


(結婚したり、ローンを抱えてたら、
 簡単に会社をやめないだろうっていう・・・
 人の弱みに付け込んだ人事)


ある意味、家族まで犠牲になるわけです。


私は、そんな労働に支配された人生なんて、
奴隷みたいで絶対嫌だ!と思っています。


どうせ一度きりの人生!



我慢・我慢で一生を終えるより、
自由に好きなように生きるべきです。


とはいえ、何をどうしたら良いのか?
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、私がどのように脱サラから
ネットビジネスで成功したのかを
まとめた電子書籍を作成しました。



すでに読んで頂いた方からは、
「力強く熱意のこもった文章に感動しました」
「成功するための道がみえました」
「お金と時間の知識を知り、不安の根源がわかりました」
など、嬉しい感想をたくさん頂いております。



電子書籍出版のお声がけも頂いておりますが
多くの人に読んで頂きたいので、


期間限定で無料公開しています。



無料ですから、興味があれば覗いてみてください。
「パソコン一台で新しい田舎暮らし」を無料で読んでみる




私の経歴は、こちらの記事で詳しく書いています。
自由を手に入れるまでの軌跡と思い




最後まで読んで頂き、ありがとうございました。