成功人生に結びつくリスクの統計的な考え方を知ろう!

こんにちは! せがひろです。

「本気になる」とは、

リスクを取ること!

こんな話聞きませんか?

・なけなしのお金をはたいて投資をする。

あるいは、ギャンブルをする。

・睡眠時間を削ってまで勉強する。

・食べたいものを我慢してダイエットする。

・仕事のために家族と離れて暮らす。など、

要は、

「何か代償を払ってまで何かを得る。」

そう思っている人が多いでしょう。

しかし、統計学的には違います。

それを知ることで、

成功確率が高い意思決定が

できるようになります。

統計の超重要概念を知り、

勘に頼らない思考プロセスを

理解できます。

それにより、

今までリスクだと思っていた

色んな判断に活用できるようになります。

お金を使って何か

投資する、高いモノを買う、

健康を害して

痩せる、睡眠を削るなど、

本当にやる価値があるのか?

判断しやすくなります。

最初に結論から言うと、

統計学で見たリスクの正体とは、

期待値からの「ブレ幅」

ということです。

言葉は覚えなくてもいいですが、

統計の世界では「ブレ幅」のことを

「標準偏差」「分散」といいます。

投資の世界では、

「ボラティリティ」にあたります。

計算の仕方、

考え方は同じです。

ここでは難しい計算式で

解説するのではなく、

日本語で話していきます。

リスクとリターンについて

冒頭でも概略を説明しましたが、

リスクというのは、

統計的に考えれば、

「データのバラツキ」だと言えます。

例えば、職業選択で同一の仕事でも

収入の格差が大きいか小さいか?

プロスポーツや芸能界でしたら、

大きく稼ぐ人もいれば、

サラリーマン以下の人も大勢います。

公務員でしたら同じような仕事をやり、

資格・年齢・家族構成も同じでしたら、

基本的に収入の差は、

ほとんどありません。

このように同じ職業でも、

収入が高い低いのブレ幅が

どれぐらいなのかを計算するのに

「標準偏差」というものを

利用するのですが、

この標準偏差の数値の大小が、

リスクだということです。

よく日本人の平均年収なんて

聞くことがあると思います。

平均値だけで考えると、

大金持ちが一握りいて、

多くの人が貧乏でも、

金持ちはいないんだけど、

大体みんな同じ収入・・・。

どちらも平均したら、

同じような年収になって

しまいますよね。

なので、標準偏差のような

バラツキを知る必要があるわけです。

ここまでの内容を整理すると、

リスクとは一般的なイメージでは、

「マイナスになる可能性の大きさ」

だと思われているでしょうが、

統計的にみると、

「予測した値からどのくらいブレるか?」

最高でこれくらい、最低でこれくらい

平均値からどれぐらい幅があるのか?

といった意味だということです。

先程の話に戻すと、

スポーツや芸能界で成功すれば億万長者、

失敗すればサラリーマン以下という、

ブレ幅が大きいんだよ。

そのこと自体をリスクと呼んでいるわけです。

リターンとは何かといえば、

「期待値」のことを言います。

統計上では「平均値」「中央値」で

計算されることが多いですが、

データを全部足して、

データ数で割る。

つまり、リターンとは、

「これをやったら、

平均でこれぐらい戻って来るだろう。」

そういった「予測の値」

として使われます。

例えば、宝くじですと、

投資額の約半分がリターンだと

統計上は言われています。

実際は、購入枚数何枚に対して・・・、

といった条件が付きます。

リスクを取るとは

ここまでで言葉の定義を

解説してきました。

それが理解できれば、

「リスクをとる」

この言葉の意味するところが、

今までの考え方と変わると思います。

リスクとは、

辞書に書いてあるような、

危険を冒すではなく、

ギャンブルをするでもなく、

予測したものと結果がブレる

ことを受け入れる

意思決定のことだと

言うことです。

「一か八か」みたいな、

運任せという意味ではなく、

ちゃんとデータからの指標を基に

判断するということですね。

リスクヘッジをしよう

統計的に判断しても、

良くない結果になる可能性も

ゼロではありません。

仕事でもそうですが、

悪い結果が出た時に備えて、

リカバリーする方法も

一緒に考える必要があります。

それをリスクヘッジといいます。

分かりやすいところで言えば、

「保険を掛けておく」ということです。

投資をする場合でも、

競馬などのギャンブルをやる場合でも、

生活費には手を付けないでおこうと、

考えるのがリスクヘッジといえます。

それが仕事の場合、

この仕事がダメだったら、

こっちの仕事。

異性や子どもとの

約束が守れなかったら、

欲しいものを買ってあげて、

機嫌を損ねないなど、

何かしら次の手段というものを

誰もが考えているわけです。

そこに感情が入ってくると、

間違った判断をしてしまう可能性が

非常に高くなるので、

統計を知り、

数字で判断しましょう!

そういうことです。

あなたが機嫌が悪くても、

数字は客観的にあらわされます。

まとめ

今回伝えたかったことを

まとめると、

何か意思決定をするとき、

「上手くいくか、いかないか?」

「上手くいくんだったらやる」

といったリターン(予測)だけで、

判断するとトータルで損しますよ。

ということです。

何か現状を変えたい

ということがあったら、

最低限、「行動」しなければ

変わりません。

その行動を起こす時に、

直感的に予想して、

「やる・やらない」

を決めるのではなく、

結果がどうなったとしても、

それでいいと思える、

統計的なリスクを受け入れた上で、

意思決定しましょう。

(「行動しない」というのも、

現状が好転しないという、

リスクを負うことになりますからね。)

そのためには、

感情論ではなく、

客観的な事実を分析し、

チャレンジが失敗したとしても、

何か残るものがあるか?

そこまで考えて、

リスクヘッジして判断して

欲しいと思います。

「何が何でもやる」

というのもダメで、

常にリスクとリターンを意識し、

行動に移す前にリスクヘッジという、

保険も考えましょう!

ということです。

あと最後にリターンを

取り違えないで欲しいのが、

途中でも触れた「感情」

満足感をリターンだと

考えてしまうと、

資産的なものが何も残りません。

資産というと、

お金をイメージするでしょうが、

知識とか経験も立派な資産です。

知的資産です。

くれぐれも、感情に流されないように

注意してくださいね。

この内容が参考になれば嬉しいです。

動画紹介

今回の内容について、

参考になる動画を紹介します。

ぜひ、視聴してみてください。

https://youtu.be/2ajUVpsi3s0

以下のブログも参考になります。

2022/05/12に配信されたニューズウィークの「日本経済、低迷の元凶は日本人の底意地の悪さか」について思ったことを話しています。結論としては誰かに意地悪されたり、バカにされたら、腹がたったり、悔しかったりしますよね。そのエネルギーを成功の原動力にできる人が大成できるということです。興味がある方は、ご一読ください。

自由で豊かに生きる方法を無料で見てみる


私は、脱サラしてネットビジネスで自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られずに自由に生きています。


単身赴任も、満員電車も、嫌な上司も無縁で、
田舎で家族や友達との時間を大切にして、
毎日自分のやりたいようにストレスフリーで生活しています。


とはいえ、私に最初からネットビジネスの知識があったわけでも、
ビジネスの才能・センスがあったわけでも、
裕福な家庭で育ったわけでもありません。


もともと人間嫌いで、一人で行動するのが好きで、
人付き合いが苦手で、常に自分が好む人とだけ接していたい、
会社でも「働かないおじさん」というダメダメ人間でした。


毎日、スーパーのチラシをみて、
”食べたいものより、安いもの”を探し、
やりくりしながら生活する貧乏時代もありました。



知識も人脈も資金もゼロでしたが、
自由を夢見て思い切ってビジネスを始めて、
短期間で人生が180度変わったのです。



起業家仲間も、非正規労働者、高卒フリーター、リストラ組、
いじめ、対人恐怖症、うつ病などマイナスからスタートして、
半年、1年ぐらいで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでも、
諦めなければ誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本は納税のため、生活のため、
イヤイヤ働いている人が多いです。


(先進国で「勤労の義務」があるのは日本だけとか)


マイホームを持つと単身赴任は、
サラリーマンでは良く聞く話です。


(結婚したり、ローンを抱えてたら、
 簡単に会社をやめないだろうっていう・・・
 人の弱みに付け込んだ人事)


ある意味、家族まで犠牲になるわけです。


私は、そんな労働に支配された人生なんて、
奴隷みたいで絶対嫌だ!と思っています。


どうせ一度きりの人生!



誰でも、いずれ死ぬわけですから、
我慢・我慢で一生を終えるより、
自由に好きなように生きるべきです。


とはいえ、何をどうしたら良いのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、私がどのようにして、
脱サラしてネットビジネスで成功したか?
まとめた電子書籍を作成しました。



すでに読んで頂いた方からは、
「力強く熱意のこもった文章に感動しました」
「成功するための道がみえました」
「お金と時間の知識を知り、不安の根源がわかりました」
など、嬉しい感想をたくさん頂いております。



電子書籍出版のお声がけも頂いておりますが、
多くの人に読んで頂きたいので、
期間限定で無料公開しています。



無料ですから、興味があれば覗いてみてください。
「パソコン一台で新しい田舎暮らし」を無料で読んでみる




私の経歴は、こちらの記事で詳しく書いています。
自由を手に入れるまでの軌跡と思い




最後まで読んで頂き、ありがとうございました。