家族に思うこと一覧

人生で自分のやりたい事が見つからないあなたへ

今回は、『自分のやりたい事が見つからないあなたへ』ということで「強み」というと、その分野でNo1じゃないといけないような錯覚に陥ると思います。恐らく、スポーツとか勝負事の世界で何でも一番を決めようとするからでしょう。けど、それなりに生きていくためだったら初心者よりも詳しければ大丈夫なんで、その辺を解説したいと思います。

映画「クリード/チャンプを継ぐ男」から学ぶ親子の絆と友情

今回は、映画「クリード/チャンプを継ぐ男」について、解説してみたいと思います。クリードというのは、ロッキーと戦った、元チャンプのアポロ・クリードの息子です。父親は既に亡くなっており、ロッキーに教えを乞います。その中で、現代の「今だけ、金だけ、自分だけ」の思想から、次世代へ受け継ぐことのあるべき姿を考えさせられました。

映画「ロッキー2」から読み解く挫折と復活

今回は「ロッキー2」について解説したいと思います。前作でで多額のファイトマネーを貰い、一攫千金を得たロッキーが次々と浪費をしてしまい、再び貧乏生活に戻ってしまう様子が描かれています。ビジネスでも、予想以上に収入を得た時に陥りやすい浪費について、どう対処すべきかを交えて話したいと思います。

映画「ロッキー」から読み解く成功までの道のり

私が子供の頃に上映された「ロッキー」ですが、当時は単なるボクシング映画って捉え方で、格闘技好きの私には、それだけで面白かったです。最近になって改めて観る機会があって、ビジネスの知識をつけてから観ると、ビジネスで独立起業する際の苦労とオーバーラップするところがあり、つい見入ってしまいましたので、紹介したいと思います。

ドラマ「シグナル」から学ぶ貧乏が故の悲惨さ

2018年にフジテレビで放送された「シグナル」というドラマを今更ながら観ました。その後、主人公がトランシーバーで20年前と通信でき、長期未解決事件を暴いていく!とても面白いドラマです。その中で、お金が無いことで発生する不幸について、痛感するところがあったので、語ってみたいと思います。

【書評】自立した子供を育てるための参考書本!「幸せになる勇気」

自立した子供に育てるには、常識を教えるのであれば、まだ良いのですが、世間体を気にして叱ったり、褒めたりしていては、結局、正しいことよりも、世間体を優先させた、大人になってしまうことが懸念されます。今回紹介する「幸せになる勇気」では、世間体を気にしない子育て、アドラー心理学に通じる考え方盛り込まれています。

起業、副業初心者が一人コンビニ労働状態から仕組みを作って楽して稼ごう!

私は、労働時間ほぼゼロでビジネスをしています。実際は、気が向いた時にブログを書いていますが、アフィリエイターやYouTuberのように、毎日みっちり作業ということはありません。ビジネスは自動化しているので何もしなくても収益は発生します。なので、1日24時間、自分の好きなことができます。そんな仕組み作りを解説!

映画「ちょっと今から仕事辞めてくる」が伝える絶望と自分に素直な生き方

ブラック企業で働いていた主人公が、とある人の支えによって一歩踏み出すことができるようになった話です。「それだけ!?」って思われてしまうかも知れませんが、現代社会の金儲け至上主義問題やそこに至るまでの心の揺れ動き、家族の支えなんかが実に良く描かれた作品だと思います。まだ観ていたい人が将来を考える参考になれば嬉しいです。

【プロフィール】「頑張った」が形になる世の中にしたい

ネットの無料情報でビジネスを目指して失敗したという話をよく聞きます。それは、頑張る方向が間違っているからです。有料情報だと不安に思ったり、投資を戸惑う人もいると思いますが、タダだとどうしても「タダだし、失敗しても、まぁいっか」という発想になってしまいます。私の経験を元に「頑張った」が形になる方法を伝えています。

ドラマ「パンとスープとネコ日和」から思う好きに生きるということ

毎日、決められた時間・場所で働くことに疲れてませんか?自分らしい理想の働き方を描いた本作のあらすじと感じたことをまとめてみました。最低でも40年は働かないといけないわけですから、どうあるべきか?私は自由を選び独立起業してビジネスを始めました。本ドラマでも、ゆるーく生きているのに共感しました。参考になれば嬉しいです。